備忘録870 いつ行っても顔ぶれは同じ

2020.07.08 Wednesday

0

    JUGEMテーマ:トレーニング

     

    東京のコロナの感染者が75人となり、2桁になりました

     

    クラスターが起きた店や、感染者の濃厚接触者に積極的に検査している中での減少、これはとても良い傾向ではないでしょうか?

     

    1400万人の人口を有する東京の重症者は6人です

     

    状況は確実に変わってます

     

    ここからは運動の話

     

    ジムはいつ行っても顔ぶれは一緒

    ジムあるあるですが、いつもと違う時間帯にジムに行く日があると思います。

    それも1、2時間ずらしたという誤差ではなく、朝→夜とか大幅に時間帯を変えたとします

    それでもジムでトレーニングしてる顔ぶれはあまり変わらないんです(笑)

     

    これは何を意味するか!?

     

    ふるいにかけられて残った人、つまりすごく真面目に通ってる会員は一部という事です

     

    ジム全体の会員→ほぼ来ない人→たまーに来る人→まぁまぁ来る人→よく来る人

     

    この『よく来る人』てのは、ごく一部なので結局いつ行っても顔ぶれは一緒なのです。

     

    お互いに心の中で「あの人またいるよ」と思ってるハズです(笑)

     

    よく会う『あの人』でもまず会話しないてのがジムの特徴でもあります(笑)

     

    マスクをした上で更には会話もしない、換気もしている、消毒スプレー設置、アルコールのペーパーで使用後は拭く、これだけの対策をしてるジムでクラスターは考えにくいです

     

    例外として会員の年齢層の高い総合スポーツクラブ(プールやスタジオ完備してるような大きなジム)の午前中の時間帯とかは、会話も多少はあるように感じます(^_^;)

    コメント
    コメントする